医療関係者の方へ

ご挨拶

地域貢献と高度医療の未来継承を行います

平成21年10月より下川が診療科長(主任教授)として榊原記念病院(府中市)より着任し、新体制で診療を開始しました。高度な集中管理が可能な循環器センター(38床)を有し、循環器内科、麻酔科、救命センターと連携して、患者さんの受け入れや緊急手術については24時間対応しています。昼夜を問わず、『緊急手術は断らない』方針です。近年の高齢化、医学技術の進歩により、外科治療の患者さんはより高齢化、重症化しています。スタンダードなオフポンプ冠動脈バイパス術、弁置換術、弁形成術、人工血管置換術を中心に、ステントグラフトや左心補助などの重症心不全に対する外科治療にも積極的に取り組んでいます。これからも医療技術の進歩に柔軟に対応し、より新しく、よりよい治療を実践します。
また大学病院として、卒前卒後研修にも力を入れています。若手外科医や研修医も、大学病院で豊富な臨床経験を積むことにより、高度な専門知識、技術が身に付くでしょう。次世代を担う若手外科医を育て、ともに発展していきたいと思っています。

下川 智樹

帝京大学医学部心臓血管外科学講座集合写真