患者様へ

ごあいさつ

患者本位の高度な循環器医療を提供します

帝京大学心臓血管外科は狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術、心臓弁膜症に対する弁置換術・弁形成術、大動脈瘤や大動脈解離に対する人工血管置換術を中心に、心臓、血管に関するあらゆる外科治療を年間に約250例行っています。緊急性の高い症例が多く、高度な集中管理が可能な循環器センター病棟をバックに、循環器内科と連携し24時間体制で対応しています。近年救急車の「たらいまわし」が社会問題になっていますが、私たちは『救急患者を断らない』をモットーに日々の診療を行っています。 近年の医療技術の進歩により心臓血管疾患の治療方法は多岐に渡りより複雑になっています。私たちは個々の患者さんがより適した治療法を選択できるように、十分に分かりやすく説明したうえでよりよい治療を提供できるよう努めています。治療内容については些細なことでもお気軽にご相談ください。

下川  智樹

帝京大学医学部附属病院心臓血管外科  外来診療表はこちら